ごきげんなすてご(いとうひろし・作)

いとうひろしさんの本は、どこがいいって言うのが難しいんだけど、ほんのりと温かいんですよね。

最初は、「この子のおかあさん、ずいぶんさくっと家でさせちゃうんだなあ」なんてちょっと驚きだったのですが、ラストまで目を通して、親子のしっかりとした絆を感じました。

家出仲間が増えて、家出仲間が減って、だんだんさびしくなっていく女の子の気持ちがちょっぴり切なかったですが、読後感がよいです。

"ごきげんなすてご(いとうひろし・作)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント