失われた町(三崎亜記・著)

設定がこまごまとあって、新しさを前面に押し出そうとしているようだけど、要するに、理不尽に大事な人を奪われた喪失感と、自分の人生は他人に施すためではなく、自分の人生の選択の結果として施すことになるのであるという話だと思った。

要してしまうと、同じようなテーマの作品は他にもあるし(セミドキュメンタリー系の小説がそうだと思う)それらのほうが読みやすいと思う。
この作品は、設定が細々しているし、観念的な表現が多すぎて、物語に分入り込めずに苦労しました。

この作者の作品を読み慣れていてツーカーな関係だったらいいのかも知れませんが、一見さんには理解困難かも。

プロローグとエピローグは、書き下ろしらしいですが、これがまた理解困難に一役買ってしまっていると思いました。
不要な設定まで書き加えられてるし…。

スジは面白いと思うけど、一言で言ってしまうと不親切な小説と感じました。

"失われた町(三崎亜記・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント