まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん・著)

三浦しをんさんの作品を読んだのは、これで二作目です。
一作目はラブストーリーで、とてつもなくおもしろくなくて、本当に直木賞を受賞した作家さんなのかと目を疑ってしまいました。
そして今回、これはそれなりに面白かったと思います。
が、直木賞受賞作?
こんなようなトーンだったら、同じ回にノミネートされた伊坂氏の方が上なんじゃないでしょうか。
ノミネート作品は読んでないのですが、(是非近いうちに目を通そうと決心しました)過去に読んだ作品とこの作品でいうなら、そう思ってしまいます。

多田の人生を謎解きふうに綴ったのはおもしろく、そそられる興味に後押しされてページをめくりました。
けど、なんだか物足りない。
行天の過去に、たんまり触れている割にはキャラがはじけた理由付けに乏しいし、脇役のキャラ自体は個性があるのにセリフに説得力が足りなかったり…。

「生きていてもやり直せることなんかほとんどない。けど、違った形で取り戻すことはできる」(散らばって書かれていたセリフを勝手にまとめちゃいました)と言った内容のセリフにはぐっときましたが。

"まほろ駅前多田便利軒(三浦しをん・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント