でかい月だな(水森サトリ・著)

小説すばる新人賞を受賞した作品です。
この新人賞を受賞した方の中から、幾人かの直木賞受賞者が出ているので、ちょっと興味を持って読んでみました。

最初は、単純に、ありふれた中学生のドラマティックな日常を描いているのだと思ったのですが、途中からなんだか違う方向へ…
ちょっとジャンルを欲張りすぎている感がありました。

けど、全体としては結構好きです。
新人賞であり、これがレビュー作なのですが、今後を見て行きたいなあ、と思いました。

重いような軽いような、現実と非現実の混ざった不思議な物語です。
けど、思春期ってそんなものかな、と思い当たりました。
思いような軽いような、現実と現実逃避への羨望、誰でも抱く、思春期の揺れを切り取った作品だと思います。

"でかい月だな(水森サトリ・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント