相剋の森(熊谷達也・著)

「邂逅の森」を読んでから読みました。
「邂逅の森」が男くさく獣くさかったのに対して、この作品からは潔癖な印象を受けました。

山は半分殺(の)してちょうどいい―

序盤にこの言葉が出てくるのですが、この本は、その言葉の意味を読者に探らせようとしていると思いました。

この作品は三部作の一作目であり、この後に「邂逅の森」「氷結の森」と続くわけですが、「邂逅の森」への布石のまされていて、順不同で読んでも楽しめると思いました。

マタギの魅力は、断然「邂逅の森」からのほうが感じられますが、「邂逅の森」にとっつきにくさを感じた方には、こちらの作品の方が受け付けやすいかなあ、とも思います。

個人的には、登場人物に魅力を感じる人がいなかったのが残念です。

"相剋の森(熊谷達也・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント