暗殺の年輪(藤沢周平・著)

どの話も重く暗い。
人生の闇と苦悩を描いている。
読後感は決してよいとはいえないのに、なぜか心を捉えて離さないものがある。
胸に忍び込むやるせなさは、時代を問わず人の胸のうちにあるからなのでしょうか。

それと、私の読み込む力がたりないせいか、分からないところがあるのだけど…
「暗殺の年輪」のラストで、なぜ徳兵衛の店に向かったのでしょうか?
馨之介の心の機微が読みきれず、残念。

"暗殺の年輪(藤沢周平・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント