海色の午後(唯川恵・著)

唯川恵さんが作家になるきっかけとなった、コバルトノベル大賞の受賞作です。
この作品が収録された、コバルトノベル大賞受賞作品集はとっくに絶版になっているのですが、直木賞取るとこういうものがでるのですね。

私が唯川恵さんを知った時には、すでにコバルトの読者年齢層が下がっていたため、主人公はどれも高校生ばかりだったので、
「おお、デビュー作の方が今の唯川作品にちかいじゃないの」
と思いました。

唯川恵さんのコバルト文庫作品、今でも大事に取ってあるのですが、あれはちょっと無理して書いてたのかなあ、なんて思いました。

"海色の午後(唯川恵・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント