おひさまのブランケット(山本文緒・著)

山本文緒さんの、少女小説コバルト時代の作品の一つです。
以前、やはりコバルト時代の小説、「まぶしくて見えない」を読んだ時には「ああ、山本文緒だなあ」と感じたのですが、これはあんまり思いませんでした。

この本との出会いは…

山本文緒さんがコバルトノベル大賞を受賞して作家デビューを知っていたので、「その時の作品は出ていないのか?」とふと思い、図書館で検索したら、全内容検索でひっかかりました。
この本に同時収録されている作品、「プレミアム・プールの日々」というのがそれです。

正直、お勧めするほど山本チックではありませんが(笑)、原点に興味があると言う方は一読してみてはいかがでしょうか。

"おひさまのブランケット(山本文緒・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント