雪が降る(藤原伊織・著)

藤原伊織さんは、頭は切れるけど愚鈍な男を描くのがうまいです。
しかも魅力的な人が多いです。
「頭が切れる」「愚鈍」
対極にありそうなこの二つを持つ人間って、現実にいたらどうなんだろう。
やっぱり魅力的なのでしょうか。

この本に収録されている「銀の塩」の主人公が、直木賞受賞作の「テロリストのパラソル」と同じと言うことで興味を持ち読んでみたのですが、他の話もとてもよかったです。
特に、表題作の「雪が降る」は登場人物たちの静かな思いが心に沁みました。

"雪が降る(藤原伊織・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント