眠れるラプンツェル(山本文緒・著)

山本文緒さんの作品は、すごく引き込まれるし、胸の内に様々な感情を呼び起こす。
そして、それらを言葉にするのがとても難しい。
喪失が描かれているのに、誕生がある。
読み進めていくうちに、人の在り方として何が正しいのか、何が間違っているのか分からなくなった。
おそらく、いつだって自分の人生の舵は自分の手の中にあるのだろう。
果たして私は、その舵をうまく操ることができているのだろうか…。

ちなみに、この本は「あなたには帰る家がある」と続けて読むのがおすすめ。
面白い発見があります。(笑)

"眠れるラプンツェル(山本文緒・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント