テロリストのパラソル(藤原伊織・著)

病院の待ち時間に読もうと思い持参し、文庫本15ページ目にして早々と名前を呼ばれ、思わずシカトしようかと思うくらいその時点で引き込まれていました。

「テロリストのパラソル」とは何を指しているのだろうか?
この本を手にしたときから感じていた疑問だったので、読み進めながら読み取ろうと思っていました。
結果、「テロリストのパラソル」という言葉そのものが文中に出てくるのですが、特別なキーワードというほどではないと感じました。
もちろん象徴の一つではあると思うのですが。
けど、わざわざタイトルに使うくらいないのだからもっと深い、裏の意味があるのではないかと考えました。
が、これだ!という考えは浮かばずじまい…
けどそれなりに私が至った考えは、
嫉妬と敗北感というパラソルを手に入れてしまったがために、精神的に日のあたる場所を歩くことのなかったテロリストの物語、です。
どうかなあ…

"テロリストのパラソル(藤原伊織・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント