巷説百物語(京極夏彦・著)

直木賞受賞作の「後巷説百物語」を読むにあたって図書館で借りたのですが、その厚さにたまげてしまいました。
で、なんとか読みきりました。
なんていうか、頭脳派仕事人と言っちゃって良いのでしょうか。
話が分からないまま進んで、最後に種明かし、という手法なのですが、どうも私にはまどろっこしくていけませんでした。
加えて、裁いていく人たちのキャラが、濃いには濃いんだけど、ストーリー的には人物像がおぼろげな感じがしました。
そういう意味でいえば、最後の話、「帷子辻」は面白かったですが。

"巷説百物語(京極夏彦・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント