容疑者Xの献身(東野圭吾・著)

この本を図書館で予約中に三部作の三作目だと知り、「予知夢」「探偵ガリレオ」に引き続いて読みました。
前作二作よりも、湯川博士が人間くさく感じました。
博士や探偵としてのカラーよりも、人間としてのカラーの方が強く出ていたと思いました。
物理的トリックの解決がなかったからでしょうか。そういう意味ではがっかりかも。
ですが、つまらなかったわけではありません。とてもおもしろく、一気に読み通してしまいました。
私としては、靖子には罪の意識にさいなまれながら生活し続けて欲しかったです。あれでは石神が報われません。靖子だけがすっきりした結末にやや不満。
けど、娘が絡んでいるいる以上、小説的にはあのラストがベストだったのかな…ちょっと悲しいです。

"容疑者Xの献身(東野圭吾・著)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント