第162回直木賞候補作についての個人的ランキング

第162回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 小川 哲『嘘と正典』(令和1年/2019年9月早川書房刊) https://50595192.at.webry.info/202007/article_2.html 川越 宗一『熱源』(令和1年/2019年8月文藝春秋刊) https://50…
コメント:0

続きを読むread more

落日(湊かなえ)

序盤から、千尋の姉が物語に大きく絡んでいるのだろうな、とは感じるように描かれてはいたのですが… エピソード7を読んで号泣。 湊かなえさんってこんなに救われる小説を書く方でしたっけ? よく、映画やドラマは事実をもとにしてても所詮は作り物って言われるけど、現実だっていとも簡単に間違って伝えられてそれが事実として伝えられてしまうことなん…
コメント:0

続きを読むread more