推し、燃ゆ(宇佐見りん)

冒頭、あまりにも無駄のない文章に驚愕。 無駄な装飾がないせいかむしろ物語の風景がよく伝わってくる。 そして物語そのものは…うーん、私はやっぱり芥川賞系は苦手だな、と。 推しも推しが燃えたのも物語の筋運びとしては重要なんだけど、本当に語られてることはそこじゃない、と言うのが。 推す、という感情を小説上うまく扱ってるな、とは思いまし…
コメント:0

続きを読むread more