スワン(呉勝浩)

一言で言うとヘビーな作品。 それは、無差別殺人事件を軸に描かれているから… ではなく、無関係の人間による勝手な解釈によって行われる当事者への攻撃が描かれているから。 と思いきや、関係者、いやむしろ当事者と言える人たちによる当事者への悪意が描かれておりそれが恐ろしく… と思いきや、だけでなく、事件によって隠された出来事があり… …
コメント:0

続きを読むread more

神様は五線譜の隙間に(瀬那和章)

ピアノ好きには魅力的なタイトル、ということで手に取りました。 話の筋はとっても面白かったです。 ただ個人的な好みとしては行間がなく読みごたえがなくてちょっと残念でした。 うまく説明できないのですが、書いてあることがすべてと言いますか、行間からにじみ出る感情とか言葉の裾から感じる感情の風みたいなのがないといいますか… 読みやすくは…
コメント:0

続きを読むread more

こどものとうひょう おとなのせんきょ(かこさとし/作・絵)

多数決=民主主義ではない、ということがすごく分かりやすく描かれています。 多数決って数の暴力になることもありますしね。 少数派の意見でも大事なことであれば取り上げることはとても大事。 でも少数派を握りつぶしたいがために多数決を振りかざす人たちの多い昨今… この国はどこに向かっていくのだろう? こどものとうひょうおとなのせんきょ…
コメント:0

続きを読むread more