神様は五線譜の隙間に(瀬那和章)

ピアノ好きには魅力的なタイトル、ということで手に取りました。
話の筋はとっても面白かったです。
ただ個人的な好みとしては行間がなく読みごたえがなくてちょっと残念でした。
うまく説明できないのですが、書いてあることがすべてと言いますか、行間からにじみ出る感情とか言葉の裾から感じる感情の風みたいなのがないといいますか…
読みやすくはありました。
調律師さんの仕事って、本当、ピアノに神様をおろす仕事ですよね。
神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫) - 瀬那 和章
神さまは五線譜の隙間に (メディアワークス文庫) - 瀬那 和章

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント