ピアノはっぴょうかい(みやこしあきこ)

思ってたのとちょっと違ったけど、緊張しない(ほぐす)ことが大事なのは確かにそう。 これはちょっと予想外の緊張のほぐし方だったけど。 はっぴょうかい、好きな人は好きなんだろうけど、私はできれば避けて通りたい(笑) いや、子供の頃はそうでもなかったかも? ピアノはっぴょうかい [ みやこしあきこ ] - 楽天ブックス ピアノはっぴ…
コメント:0

続きを読むread more

生きる(谷川俊太郎/詩・岡本よしろう/絵)

詩はすでに読んだことがあるのですが、絵がまた良くて… 相乗効果。 谷川俊太郎さんの選ぶ言葉には無駄がなく、詩として洗練されており、人生を語っていても説教臭くなく。 目や頭で読むというよりは心で感じる詩…いやいやそれも違う、心にするするとしみこんで潤される。 そして繰り返すけど絵がまたよい。 絵本の醍醐味。 最後に余談。 谷…
コメント:0

続きを読むread more

銀花の蔵(遠田潤子)

物語の舞台は醤油蔵なのだけど、物語自体は醤油蔵の物語と言うよりは銀花という女性とまつわる人々の人生模様。 序章を読んだ時点でパンパンに詰まった伏線を感じてその後は時間が許す限りの一気読みでした。 家族の形に正解はないというか、家族とはみなで作り上げていくものなんだな、としみじみ。 時間を経て経験を重ねて気づく誰かの思いなど、心がい…
コメント:0

続きを読むread more

フェッセンデンの宇宙(エドモンド・ハミルトン/作・中村融/訳)

ジャンルで言うならSFなのだろうけど、SFの形を借りて人間心理を皮肉っている印象。 『フェッセンデンの宇宙』 自分の生きている世界だけがすべて、離れたところで起きていることには、その中に命とその営みがあることなんて知ったこっちゃない…そう考えてしまうのは窮屈にさせられた心のせいなのか自分の知識と力に自信がある故の傲慢なのか。コロナ禍…
コメント:0

続きを読むread more