平場の月(朝倉かすみ)

恋愛ものでありながら人生もの。 小中校の同級生って、大人になってから当時のことを知ると「そんな生活背景が…」と思うようなことがあったりするんですよね。 主人公たちと同世代なのでその辺りの『ああそうだったんだ』は経験として分かります。 50になっても尚、と言いますか、50だからこそといいますか、そんなあれこれが詰まった一冊だと思いま…
コメント:0

続きを読むread more