第161回直木賞候補作についての個人的ランキング

第161回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。

朝倉かすみ『平場の月』(平成30年/2018年12月光文社刊)
https://50595192.at.webry.info/202007/article_3.html?1595400088
大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(平成31年/2019年3月文藝春秋刊)
https://50595192.at.webry.info/201910/article_7.html
窪美澄『トリニティ』(平成31年/2019年3月新潮社刊)
https://50595192.at.webry.info/202005/article_1.html
澤田瞳子『落花』(平成31年/2019年3月中央公論新社刊)
https://50595192.at.webry.info/201909/article_2.html
原田マハ『美しき愚かものたちのタブロー』(令和1年/2019年5月文藝春秋刊)
https://50595192.at.webry.info/201911/article_1.html
柚木麻子『マジカルグランマ』(平成31年/2019年4月朝日新聞出版刊)
https://50595192.at.webry.info/202006/article_1.html

この時の受賞作は大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』でした。

ちなみに私の順位付けは次の通り。

1、朝倉かすみ『平場の月』
2、窪美澄『トリニティ』
2、原田マハ『美しき愚かものたちのタブロー』
4、大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』
4、柚木麻子『マジカルグランマ』
6、澤田瞳子『落花』

図書館の民なので、最後の一冊がなかなか回って来なくて個人的とはいえ順位付け、怪しい感じ…
『平場の月』を1位にしましたが、私の年代だからこそと言えるので、世間評的には1位には来ない気がします。

ちなみに、この時の【選考委員】の方々は…

(敬称略)
浅田 次郎
伊集院 静
北方 謙三
桐野 夏生
高村 薫
林 真理子
東野 圭吾
宮城谷 昌光
宮部 みゆき

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント