ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力(帚木蓬生)

早急に答えを求めない力について。
人の脳は「分かろう」とする生物としての方向性が備わっているとのこと。
以前どこかで、人間は「分からない」ことに一番恐怖を覚えるという話を読んだか聞いたかしたことがあるのですが、これはつながっているなと思いました。
早急に答えを求めてしまうと、答えに至る条件が不足だったり偏ったりしたまま答えを出してしまいがちなので、得てして考えている者の都合の良い方向に進みがちなのだよな、とは常々思っていました。
共感すること、待つこと、人と向き合うときは忘れないようにしようと思いました。
ネガティブ・ケイパビリティ答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) [ 帚木蓬生 ] - 楽天ブックス
ネガティブ・ケイパビリティ答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) [ 帚木蓬生 ] - 楽天ブックスネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木 蓬生
ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書) - 帚木 蓬生

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント