2020New Year Concert横山幸雄Piano Recital~ベートーヴェン生誕250周年を記念して…

Part1.横山幸雄と若き仲間たち ベートーヴェン 『交響曲第5番「運命」(ピアノ連弾)』(太田糸音 横山幸雄) 太田糸音さんが高音部を、横山幸雄さんが低音部を担当されていました。 とっても力強く逞しく感じました。 ひと言で言うとカッコいい! 交響曲をピアノの連弾で、と言うのは独特の味があって、以前に一度聴いたことがあっ…
コメント:0

続きを読むread more

横山幸雄ピアノ公開レッスン@彩の国さいたま芸術劇場(1/4)

リサイタル後、1時間の休憩後に公開レッスンがあったので聴かせて頂きました。 1、ピアノソナタ第3番(ショパン)(高3男子) 2、スケルツォ第4番(ショパン)(音大1男子) 3、「謝肉祭」より(シューマン)(音大2女子) 4、組曲「鏡」より洋上の小舟(ラヴェル)(音高2女子) ひと言で言うと「面白かった」です。 とにか…
コメント:0

続きを読むread more

横山幸雄 新春名曲コンサートVoI.3~新年の幕開けはショパンとともに~@彩の国さいたま芸術劇場(1/4)

一般受けするラインナップかな、と。 にわかピアノ好きの私でも分かる曲ばかりですので。 『華麗なる大円舞曲』 明るくダイナミックな印象のこの曲は一曲目にふさわしいイメージ。 華美でなく、シンプルな華麗さを感じました。 『アンダンテスピアートと華麗なる大ポロネーズ』 前曲とこの曲に華麗なとつけたのはショパン自身だとお話し…
コメント:0

続きを読むread more

未来(湊かなえ)

いかにも意味が深そうなタイトル。 何故この物語に与えられたタイトルが未来なのか?を焦点に読み始めました。 扱っているテーマは深いく重たい。 冒頭の部分から『未来』を感じるエピソードが描かれ、そこから物語が展開していくのですが…未来ってなんなんでしょうね。 あらかじめ決まっていたように感じられることもあるけど、自分で選び取れると感…
コメント:0

続きを読むread more