第159回直木賞候補作についての個人的ランキング

第159回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。

上田早夕里『破滅の王』(平成29年/2017年11月双葉社刊)
http://50595192.at.webry.info/201808/article_1.html
木下昌輝『宇喜多の楽土』(平成30年/2018年4月文藝春秋刊)
https://50595192.at.webry.info/201809/article_1.html
窪 美澄『じっと手を見る』(平成30年/2018年4月幻冬舎刊)
https://50595192.at.webry.info/201811/article_1.html
島本理生『ファーストラヴ』(平成30年/2018年5月文藝春秋刊)
https://50595192.at.webry.info/201809/article_3.html
本城雅人『傍流の記者』(平成30年/2018年4月新潮社刊)
https://50595192.at.webry.info/201808/article_2.html
湊かなえ『未来』(平成30年/2018年5月双葉社刊)
https://50595192.at.webry.info/202001/article_1.html

この時の受賞作は島本理生『ファーストラヴ』でした。

ちなみに私の順位付けは次の通り。
今回は私好みの作品が多かった印象。
無理くり順位付けした感じ。
それでも同位の嵐…

1、島本理生『ファーストラヴ』
1、湊かなえ『未来』
3、窪 美澄『じっと手を見る』
4、上田早夕里『破滅の王』
4、木下昌輝『宇喜多の楽土』
4、本城雅人『傍流の記者』

ちなみに、この時の【選考委員】の方々は…

(敬称略)
浅田 次郎
伊集院 静
北方 謙三
桐野 夏生
高村 薫
林 真理子
東野 圭吾
宮城谷 昌光
宮部 みゆき

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント