下町ロケット ヤタガラス(池井戸潤)

扱うものが変われど、描かれるテーマがブレないのが素晴らしいと思うこのシリーズ。
何事もお金がないと始まらない部分はあるし、目的になってしまうことはあるし、経済活動を行っている以上は仕方のない部分もあるのだけど、そもそもその仕事の存在意義とは?まで考えさせられるしっかりとして基盤の上に作られた作品だと、このシリーズを読むたびに思います。
今回扱われているのは農耕機械。
ときに泥臭く、物語の行きつく先の予想がついてもなお引き込まれる。
佃社長の仕事に対する姿勢、カッコイイです。
下町ロケット ヤタガラス [ 池井戸 潤 ] - 楽天ブックス
下町ロケット ヤタガラス [ 池井戸 潤 ] - 楽天ブックス下町ロケット ヤタガラス
下町ロケット ヤタガラス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント