VYOpremium藤田真央×VYO×チャイコフスキー@杉並公会堂大ホール12/27(金)

5時間の長丁場で年末、前日に既に予定を入れていた私は行くとなると連休を希望しなくてはならない… と、迷い、一度は行くことを断念したこの公演でしたが、いざ職場のシフトが出てみたらお休みになっているでは…! しかも残席あり。 と言うことでやや急に行くことに決めたのですが…行って大正解でした。 チャイコフスキーが好き、という特別な…
コメント:0

続きを読むread more

務川慧悟J.S.バッハ特別演奏会ゴルトベルク変奏曲BWV988(追加公演)@美竹清花さろん12/26(木)

25日の演奏会についてを記録したブログの方にも書いたのですが、当初はこの日だけお伺いする予定でした。 ところが幸運にも二夜連続でお聴きする機会に恵まれ、この日も行って来ました。 と、言うことで… 美竹清花さろんにて務川慧悟 さんのJ.S.バッハ特別演奏会 ゴルトベルク変奏曲BWV988の追加公演に行って来ました。 昨日と…
コメント:0

続きを読むread more

務川慧悟J.S.バッハ特別演奏会ゴルトベルク変奏曲BWV988@美竹清花さろん12/25(水)

美竹清花さろんにて、務川慧悟さんによる『J.S.バッハ特別演奏会 ゴルトベルク変奏曲BWV988』に行って来ました。 ピアノの音が大好きなだけで大して曲を知らない私にとっては予習を除けばお初の曲。 バッハの曲は知らないなりに好きなので、気に入った作家さんの初見の本を読むような気持ちで臨みました。 80分休憩なし。 様々な…
コメント:0

続きを読むread more

祝祭と予感(恩田陸)

「蜜蜂と遠雷」のスピンオフと言うことでかなりの期待を持って読み始めたのですが、その期待を裏切られることがなかったどころか上をいく内容でした。 まずはこの6つの話の並び順のうまさ… 「蜜蜂と遠雷」の続きとして自然な流れで亜夜とマサル、そして塵の登場。 『祝祭と掃苔』 これからまだまだ彼らの人生という物語は続いていくのだろうな、と思…
コメント:0

続きを読むread more

からっぽのくつした(リチャード・カーティス/作・レベッカ・コップ/絵・木原悦子/訳)

いい子とわるい子のお話なんだけど、肝心のサンタさんにはその子の本質を分かっていて欲しかったな、と思ってしまいました。 みんなに迷惑をかけてるからいい子じゃない、って…そういう基準でプレゼントに差をつけるサンタさんって、リアルの大人の都合だけであって欲しかったな、と。 グッドガールのバッジをもらったチャーリーが、これをきっかけにいい子…
コメント:0

続きを読むread more

プロコフィエフのピーターと狼(佐野洋子)

先日プロコフィエフの短編集を読んだ流れでこちらを。 好きな絵本作家さんのおひとり、佐野洋子さんによる絵本です。 ピーターが、おじいさんの言いつけの禁を破って大手柄。 でもオチ(?)は意外なところに…? 【追記】 いつものように画像を貼ろうと思ったら佐野洋子さんの絵ではCDしか見つからず… ピーターと狼 - ARRAY(0x1…
コメント:0

続きを読むread more

プロコフィエフ短編集(プロコフィエフ/作・サブリナ・エレオノーラ/豊田菜穂子/訳)

プロコフィエフによって書かれた、一見抽象的なようで実はプロコフィエフの心の中をそのまま写し取った写実的な小説と思いました。 理解する物語ではなく、自分が受け取った印象を楽しむという意味では音楽と近しい楽しみ方をする小説かな?とも。 個人的な好みで言えば『彷徨える塔』と『紫外線のきまぐれ』が気に入りました。 やむを得ず滞在することに…
コメント:0

続きを読むread more

フレッシュ名曲コンサート(東フィル・水戸博之/指揮・高木凛々子/Vn.・實川風/Pf.@江戸川区総合文化センター大…

ツイッターのフォロワーさんにお勧めいただいたクラシックコンサートに行くというお初のことをして参りました。 その内容、なんと、オケと、バイオリン協奏曲とピアノコンツェルトの三本立て! 【シューベルト:ロザムンデ(魔法の竪琴)序曲D.644 シューベルトの交響曲って初めて聴きました。 盛り上がる曲ですね。 きっと東フィルさ…
コメント:0

続きを読むread more