エドワード・ゴーリーの優雅な秘密@練馬区立美術館11/12(火)

エドワード・ゴーリー展に行って来ました。 絵本の原画やアメリカのテレビ番組の宣伝ポスターなど、ゴーリーの手掛けたものが盛りだくさんでした。 一番印象に残ったのは、ご本人は絵本を『子供向けとして出版したかったのに出版社に勇気がなかった』とあったこと。 個人的には…読み手を選ぶかなーと思うのでなんとも(笑) 子供での楽しめる…
コメント:0

続きを読むread more

アンジェロ(デビッド・マコーレイ/作・千葉茂樹/訳)

大人絵本会のお題本。 アンジェロとはとのシルビアが心を通わせていく過程は割と、ファンタジーとまではいかないものの絵本らしいやや現実とは離れた印象。 ですが、お話の流れはとても自然で時間が確実に流れていることが分かりやすいです。 そしてラスト…通い合った心が残したものには触れがたさがあるんだろうな…と感じられるところが良かったです。…
コメント:0

続きを読むread more