太田糸音ピアノリサイタル@美竹清花サロン9/28(土)

美竹清花サロンにて、太田糸音さんのピアノを満喫して参りました。
美竹サロン、音の響きがとてもよい空間です。

【ショパン:12の練習曲Op.10 】
第1番  ハ長調Op.10-1
第2番  イ短調Op.10-2
第3番  ホ長調Op.10-3「別れの曲」
第4番  嬰ハ短調10-4
第5番  変ト長調10-5「黒鍵」
第6番  変ホ短調10-6
第7番  ハ長調Op.7
第8番  ヘ長調Op.8
第9番  ヘ短調Op.10-9
第10番 変イ長調Op.10-10
第11番 変ホ長調Op.10-11
第12番 ハ短調Op.10-12「革命」

強まったり弱まったりしながら草原を渡る風のような第1曲から始まり、本のページをめくるように、めくるごとに大きな物語が展開されるように曲は進み、最後は力強い革命でその物語は閉じられました。

【休憩】

【バッハ:イギリス組曲第2番イ短調BWV807】
Ⅰ.プレリュード
Ⅱ.アルマンド
Ⅲ.クーラント
Ⅳ.サラバンド
Ⅴ.ブレーⅠ
Ⅵ.ブレーⅡ
Ⅶ.ジーグ

荘厳な中に優しく包み込むような音色のあるバッハでした。
宗教的な印象のあるバッハですが、赦されるような音色でした。

【ショパン:ノクターン第16番Op.55-2変ホ長調】

ガラス張りの美竹サロンのステージの闇に程よく溶ける印象。
しっとりと響いていました。

【ショパン:3つのマズルカOp.59】
第36番 イ短調Op.59-1
第37番 変イ長調Op.59-2
第38番 嬰ヘ短調Op.59-3

3つのマズルカは以前聴かせて頂いた時にとても印象に残ったのですが、今日の演奏も素敵でした。
今日も耳に残って無意識に口ずさんでしまいそうです。
糸音さんの舞曲演奏、お気に入りです。

【アンコール】
【平均律クラヴィーア曲集第2巻第23番前奏曲とフーガ】を演奏してくださり、演奏会はしっとりと終演しました。

繊細でありながら力強さもある糸音さんの演奏が好きです。
他の色々な作曲家さんの曲も聴かせて頂きたいです。

終わりに…他の方々の勢いに乗ってピアノの前で太田糸音さんとツーショット写真を撮ってもらってしまいました。
お話もちょっとしてくださり、ピアノとはまた違った感激が溢れました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント