髙木竜馬ピアノリサイタル@わたなべ音楽堂Bellne Saal 9/16(月)

髙木竜馬さんのピアノを聴きにわたなべ音楽堂まで行って参りました。
とってもアットホームな素敵な空間でした。

盛りだくさんすぎて心がいっぱいなのはもちろん、頭の中もいっぱいになりました。

【L.V.ベートーヴェン/ピアノソナタ第8番ハ短調作品13悲愴】

廉価版の手持ちの音源があるのですが、久しぶりに聴きました。
こんなに魅力的な曲でしたっけ?
髙木さんの演奏で音源が欲しい…凹んだ時に聴きたい…実はちょっと凹んでた。
そして凹みそうなことが待ってる。
でも元気でたのでがんばります!

【F.F.ショパン/幻想曲第4番嬰ハ短調幻想即興曲】
私には、聴かせる曲というイメージがあると言うか盛りだくさんの印象がある曲で、聴くと割と飽和状態になってしまうのですが、今回はすっきりするすると心に入ってきました。

【F.F.ショパン/スケルツォ第2番変ロ短調作品31】

この曲も音源を持ってるけど聴いたのは久しぶり。
久しぶりに聴いた曲が続々と自分の中でランクアップしていく不思議。
こんなに素敵な曲だったんだなぁ。

【M.A.バラキレフ/東洋風幻想曲イスラメイ変ニ長調】

難曲と言われるだけあって難曲感バリバリ(語彙が貧困なのも大概に)
今日の演奏曲の中では髙木さんの誠実で真っ直ぐな演奏にとってもあっていたように感じました。

【休憩】
いつもは席を経たない私なのですが、この日はなんとなく心誘われて前庭で温かいコーヒーを頂きました。

【P.I.チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23】

二台ピアノによるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。
オケパートは妹の髙木薫子さん。
オケで聴くのもいいのですが、ピアノの音好きには二台ピアノによるコンツェルトってそこはかとない魅力があります。
ピアノの底力と底なしの魅力を満喫しました。

【アンコール】

そしてアンコール。と言うよりは第3部!
【グリーグ/ノットゥルノ、トロルハウゲンの婚礼の日】
これまでグリーグは積極的には聴いてこなかったので初めて聴きました。(ピアノは好きですが無知識無教養なのです)
どんどん世界が広がって行くのが嬉しいです。

【ピアノの森より、ショパンのピアノコンツェルト第1番第2楽章】
と聞いてピンと来たあなたはピアノの森を愛してますね!
忘れもしないあのシーン、号泣しましたもの!私。
「今日は壁越しではなく弾きます」とお話されてました。
あ、あと、修平くんのことを「自分の悲しさと悔しさで人に八つ当たりするのは日本男児としてどうかと思う」と話されていたのが印象的でした。

【二台ピアノによるチャイコフスキーのくるみ割り人形より、金平糖の踊りと花のワルツ】
踊って下さーい!と言うことで皆さん立ち上がって気分はダンスホール。
くるみ割り人形、キラキラでした。

真っ直ぐで誠実に曲を伝えようとする(個人的印象)演奏が素敵なんですよね。
またいつか^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント