バラとゆびわ(サッカレイ)

バラとゆびわが指すものはなんであるのかな、と考えました。
その人の努力や生まれつきとは違うところで、人生のふとした時に手に入れることのある魅力と言ったらいでしょうか。
一時的に金持ちになるとか、肩書のようなものとか。
手に入れることができてもあっけなく失うことがあるもの、と考えたらよいでしょうか。
バラやゆびわを手に入れることがあったら、それらに甘んじず、失うことのない本当の魅力や実力をそれらを手にしている間に身に着けることが大事なのだろうな、と思いました。
そしてここからは余談。
この本の存在そのものは某SNSで知りましたが、サッカレイを知ったきっかけは北村薫さんのベッキーさんシリーズを読んだことでした。
こういうつながりって面白い。
バラとゆびわ (岩波少年文庫)
バラとゆびわ (岩波少年文庫)

この記事へのコメント