下町ロケット ゴースト(池井戸潤)

ネタバレ満載ですのでご注意を。

シリーズ3冊目ですが、ブレないですよね。
佃製作所の面々、素晴らしいです。
今回はどちらかと言うとトノさんと顧問弁護士ものがたりみたいな感じではありましたが。
続き…気になります。
いくらないいでもいいところで終わりすぎです。
訴訟問題が解決したのはスカッとしましたが、財前さんの農業発言と島津の退職…
伏線で終わったという感じです。
重田は本当に伊丹の味方なのか…?
利用されてるだけじゃないのかな…
どうなるギアゴースト。

下町ロケット ゴースト
小学館
2018-07-20
池井戸 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




下町ロケット ゴースト [ 池井戸 潤 ]
楽天ブックス
池井戸 潤 小学館シタマチロケット ゴースト イケイド ジュン 発行年月:2018年07月20日 予


楽天市場



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E・H・ミナリック  こぐまのくまくん(モーリス・センダック)  http://50595192.at.webry.info/201512/article_17.html  かえってきたおとうさ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2019-06-03 12:55