再読・みどりのゆび(モーリス・ドリュオン・作/安東次男・訳)と牛田智大さん

※注意※読書感想とはちょっと違った感想です※注意※ ピアニスト牛田智大さんのファン歴わずか1年4か月の私。 牛田さんの演奏そのもの以外を知るようになったら、この物語のチトを思い出すようになり再読。 もちろん違うところはいっぱいあります。 でもこういうお話って比喩なので、心が寄りそえると理解が深まるし、心が寄り添えればいいのだ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more