浜松国際ピアノコンクールで気になったピアニストさん

そもそもは牛田智大さんの演奏おめあてで観始めた浜コンの配信ですが、結果的にはどっぷりはまってしまい、終了後4日経ってもまだその余韻ぬけやらず… 世間ではこういうのを『ロス』って言うそうで… まあ無理やり一気に現実に戻ってくることもないかな~なんて思って、だったらいっそのこと名残惜しさを抱えているうちに、今心に残っている気持ち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

牛田智大さん@浜松国際ピアノコンクール本選

予選はすべて審査発表前にブログをかけたのですが、本選はあとになってしまいました。 ということで結果を知った上で書いています。 牛田智大さんは、予定通りラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を演奏されました。 とっても素敵な演奏でした。 牛田さんの演奏を聴いていると、持っていかれる、連れていかれる感覚に陥るのですが、今回はオーケスト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

再読・みどりのゆび(モーリス・ドリュオン・作/安東次男・訳)と牛田智大さん

※注意※読書感想とはちょっと違った感想です※注意※ ピアニスト牛田智大さんのファン歴わずか1年4か月の私。 牛田さんの演奏そのもの以外を知るようになったら、この物語のチトを思い出すようになり再読。 もちろん違うところはいっぱいあります。 でもこういうお話って比喩なので、心が寄りそえると理解が深まるし、心が寄り添えればいいのだ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

牛田智大さん@浜松国際ピアノコンクール第三次予選

昨日11月19日、牛田智大さんの浜コンでの第三次予選がありました。 演奏開始時刻は16時45分予定。 夜勤明けに寝るべきか否か… 迷っているようで実は迷っていなかった。 その前に演奏される予定の務川さんと安並さんの演奏も聴きたかったので不眠決行。 結果、寝なくて大正解。 どうでもいい情報ですが、私は何故かモーツァルト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

牛田智大さん@浜松国際ピアノコンクール第二次予選

勤務の関係で、牛田さんの二次の演奏をきちんと視聴できたのは実際に演奏された日の翌日の夜遅くになってからでした。 ライブ配信は、仕事終わりと会議開始の隙間時間に10分くらいしか見られませんでした。 というか、観ることができた! 観る時間を死守した! The 執念 のたまものと自負しております(なんのこっちゃ) なので事…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

牛田智大さん@浜松国際ピアノコンクール第一次予選

バリバリの素人がコンテスタントの演奏にあれこれ言うのってどうよ… って思って、特にブログに書くつもりはなかったんだけど、自分の感じたことの記録という意味で、むしろブログに書き留める方がいいのではないかと思って書き始めました。 不規則フルタイムの仕事と家事もしてますので、全部を聴くというのは不可能なので、そもそも浜松国際コンク…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

じっと手を見る(窪美澄)

全体に漂う怠惰な諦念。 完全に諦めてしまった人と諦めてきれずにいる人。 行動に起こす人、流される人。 様々な人たちがそこにいて、生まれて来た以上そこで生きている。 『そのなかにある、みずうみ』語り、日奈 『森のゼラチン』語り、海斗 『水曜の夜のサバラン』語り、畑中 『暗れ惑う虹彩』語り、日奈 『柘榴のメルクマール』語り、宮澤 『じっと手…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more