マルラゲットとオオカミ(マリー・コルモン・文/ゲルダ・ミューラー・絵/ふしみみさを・訳)

これは…なんて深いお話なんでしょう。
最初は「いや、マルラゲットって言いにくいって(笑)」とか「おいおい、肉食を責めるなよ」とかツッコみながら読んでいたのですが…そこを踏まえた、というか、そこを利用した深いお話でした。
人間同士の出会いにもありますよね。
たまたまその時、人生の線路が交差したけど当たり前のように分かれていくような出会い。
会えなくなっても大事な人。
その人がその人らしく生きられるなら別れても大事な人。
恋人でも友達でも家族でも当てはまると思います。
そして全く別方向から思ったこと。
食物連鎖を無視した絵本がある中で、この絵本はその自然の摂理を正しく扱っているところに好感を抱きました。
というか、その自然の摂理をうまく使って心のつながりと別れの悲哀を表現しているのですが。

マルラゲットとオオカミ (児童書)
徳間書店
マリー コルモン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マルラゲットとオオカミ (児童書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




マルラゲットとオオカミ (児童書) [ マリー・コルモン ]
楽天ブックス
児童書 マリー・コルモン ゲルダ・ミューラー 徳間書店フランス 名作 オオカミ 人間 動物 友情 マ


楽天市場 by マルラゲットとオオカミ (児童書) [ マリー・コルモン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』から始まる作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マーガ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-07-31 10:11