ばーとん展@教文館9Fウェンライトホール

正しい展のタイトルは
『ちいさい おうち の ばーじにあ・りー・ばーとん』

場所は銀座の教文館9Fですが、6Fのナルニア国にも少し展示がありました。
ちなみに9Fは有料ですが6F は無料です。

詳細はこちらでどうぞ。
https://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/v-l-burton

バートンの絵はとても繊細で丁寧で優しくて、そして動きがあって、絵本を読むとなんだかワクワクします。

ちいさいおうちはきゅんと切なくなったりもします。
さらに言うなら色遣いが私好み。
マスキングテープとミニファイルを購入しました。

バートンの作品には、他にも
『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』
『はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー』
『せいめいのれきし』
などがあります。

絵本は好みでしたが、作者の来歴は知らなかったので、展示で知った彼女の歩んだ道を見るのはとても新鮮でした。

デザインされたものがたくさん飾られていましたが、出版に向けて準備していたデザイン理論の本は未完となってしまったようで残念です。

絵本の原画展にはいくつか行ったことがありましたが、作った人に絞ったものはほとんどなかったのでそれもまた面白くありました。

人生背景を知った上で、もう一度、彼女の人生が反映されたと言える『ちいさなおうち』と『せいめいのれきし』を読んてみたいなぁ、と思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エッセイと言う名の雑記

    Excerpt: ぼやきエッセイ始めました http://50595192.at.webry.info/201506/article_2.html 私の人生の楽しみ『大人絵本会』 http://50595192... Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-04-09 09:21