介護福祉士国家試験

12月は大好きな読書を断ちまして…禁断症状をテキストの活字を読むことで埋めつつ、

1月28日(日)、介護福祉士国家試験を受験して来ました。

介護福祉士国家試験は、おととしまでは実務経験3年で受けることができたので、その時点で実務3年となる私は受験可能だったのですが、家のバタバタに紛れてすっかり受験申し込みを忘れ、昨年からは実務経験3年だけでは受験が不可能になり、実務者研修を受けるのか…と迷っている間に見送り…

そして本年度、ついに受験に踏み切ったわけですが、それには理由がありまして…
働いている病院が身売りをしまして、その売られた先が超ブラックグループで、給料ガタ落ち。

その頃のわたしたちの心のBGMはドナドナでした…
かわいそうな子牛は売られていったのです。

ブラック体質に嫌気がさして古株がどんどん辞める中、当然私も退職を考えたのですが、介護業界で職を探したところ介護福祉士を持っていないとロクな職場がなく…
これは何はともあれまずは介護福祉士の資格を取らねば!と思って一念発起。

おととしの12月の終わりに思い立ち、その翌日に上司に心づもりを報告。
帰宅後ネットで実務者研修の申し込みをして1月の後半から通信教育を開始。
通信教育を2ヶ月で終わらせて4月から約2ヶ月のスクーリング。
公休消費しまくって通いました。
有給なんて一日たりともくれやしない。

5月に実務者研修を終え、そこからはながーい受験勉強。
覚えも要領も悪いので、スタートをできるだけ早くして、どんなふうに勉強したらいいのか分からず右往左往しながらひたすら過去問を解き、模擬問題集を買って解き、模擬試験を受け(2回だけど)、それらの問題をひたすら繰り返しといては間違った答えとそれに関連することを書きだす日々。

いやー、硬くなった脳みそにキツイキツイ。

その間、職場は病棟転換のためものすごくやりがいのない状態に…
病院とは言えかなり介護よりだったのがそうでなくなり…
掃除と片付けのオンパレード。

1日も早く辞めたい気持ちを抑えて、介護福祉士に受かって止めなきゃ長い目で見て損をする!とじっと耐えてきました。
昨年末には新人さんが古株の給料よりもいい給料で続々と入ってきてさらにモチベーション低下。
それでも合格を目指して邁進してきました。

中だるみもしちゃったけど…

そんなこんなでようやく受験終了。
泣いても笑っても終わってしまったので、合格発表の3月末までは思いっきり羽を伸ばします!(笑)
まずは1か月ほど断ってたた読書から。
そして3月には牛田智大くんのピアノリサイタルに行きます。
あ、その前に新宿の谷川俊太郎展に行きたいなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エッセイと言う名の雑記

    Excerpt: ぼやきエッセイ始めました http://50595192.at.webry.info/201506/article_2.html 私の人生の楽しみ『大人絵本会』 http://50595192... Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-01-31 09:02