アンドルーのひみつきち(ドリス・バーン/文・絵)

最初に…家出までしてやりたいことやって…結局は認められて帰るってことにんなんかしっくりこなくって…
認められなくても続けて欲しいっていうか続けていくであろうというか…
まあ絵本ですので、そこにこだわったらアウトかな…などとも思ったり。
ひみつきちって言葉、心をくすぐりますね。
自分だけの空間って意味でいうなら、部屋の隅にバリケード的なものを作ってこもったり、段ボールに入って過ごしたり。
知られちゃいけないドキドキ感という意味で言うなら、セキュリティの甘かった昭和の時代、どっかの敷地に潜り込んでした冒険とか。
いずれにせよ、大人には懐かしい気持ちを呼び起こす絵本かと思います。
でも今の子供にはこんなことを楽しむ空間や時間はあるのかなあ、なんて一抹の寂しさも感じたりします。

アンドルーのひみつきち
岩波書店
ドリス・バーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アンドルーのひみつきち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




アンドルーのひみつきち [ ドリス・バーン ]
楽天ブックス
ドリス・バーン 千葉茂樹 岩波書店アンドルー ノ ヒミツ キチ バーン,ドリス チバ,シゲキ 発行年


楽天市場 by アンドルーのひみつきち [ ドリス・バーン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『と』から始まる作家さん

    Excerpt: 土井里香  おとなの楽習1数学のおさらい(現代用語の基礎知識/編)  http://50595192.at.webry.info/201603/article_4.html 藤堂志津子  熟れ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-07-30 11:47