ふたりのサンドウィッチ(ラーニア・アル・アブドッラー/作・ケリー・ディプキオ/文・トリシャ・トゥサ/

自分と違うから「あなたは変!」って思って斬り捨てるのはとっても悲しい。
ちょっと角度をかえて、自分と違うけどそれは何?どんなもの?どんな感じ?と、ワクワクするのは素敵なことだと思います。
それは食べ物に限らず肌の色、髪の色、宗教、障害、すべてに言えると思う。
もともと自分が愛していた物を、ちょっとした『違う』から失うなんてもったいない。
筋運びは単純明快。分かりやすくていいお話でした。

ふたりのサンドウィッチ【絵本版】
ティー・オーエンタテインメント
ラーニア・アル・アブドッラー(ヨルダン王妃)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふたりのサンドウィッチ【絵本版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『け』から始まる作家さん

    Excerpt: ケイティ・クレミンソン  くまのオットーとえほんのおうち  http://50595192.at.webry.info/201204/article_5.html ケイト・ディカミロ  ゆきの.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-07-01 09:02