認知症になった私が伝えたいこと(佐藤雅彦)

恐らく意図せず、ICFに基づいた生活を認知症のご本人が自ら考えて工夫して生活していることに感心しました。
認知症になったら普通の生活は送れない、というのがやはり多くの人が考えることだと思います。
佐藤さんは、忘れてしまうことを記録でカバーしていましたが、忘れる自分としっかり向き合える精神力はすごいな、と思いました。
偏見と言われればそれまでですが、人間はプライドの存在が心の中を大きく占める生き物なので、忘れていく自分を認めたくなくて無理して普通の生活を送ろうとしてつまずいてしまう人が多いのではないかと思っています。
認知症にありがちな物盗られ妄想について理知的に分析されてましたが、たいていの人は分析できずにただ盗られたと思い込むか、盗られたことを事実と思うことで自分の認知症から目をそらしているのではないかと思うのです。
そう思うと、自分がいつか認知症になったとき激しい落ち込みと葛藤があったとしても、やがてはその事実を受け入れられるようなるのだろうか…と考えてしまいました。

認知症になった私が伝えたいこと
大月書店
佐藤 雅彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 認知症になった私が伝えたいこと の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




認知症になった私が伝えたいこと [ 佐藤雅彦 ]
楽天ブックス
佐藤雅彦 大月書店ニンチショウ ニ ナッタ ワタクシ ガ ツタエタイ コト サトウ,マサヒコ 発行年


楽天市場 by 認知症になった私が伝えたいこと [ 佐藤雅彦 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』から始まる作家さん

    Excerpt: サイエンティフィック・アメリカン編集部  そうだ!科学の先生に聞いてみよう―大人がグッとつまる子どもの質問90  http://50595192.at.webry.info/201002/arti.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-06-07 14:22