マリシャスクレーム(範乃秋晴)

もっとリアリティのある話かと思ってたので肩透かし。
なんだかよく分からないまま読了。
つまらなくはないけれど、私には作者の独りよがり感が強く感ぜられて読みづらかった。
コミュニケーションにおける普通ってなんなんでしょうね。
悪意を叩きこまれ続けた故に、人の言葉を悪意を持ってしてしか受け止められず、自分も悪意をもってしか言葉を返せない。
こんなに極端ではなくても、誰かにひどく傷つけられた過去があるならば、大なり小なりこの作品で言われている『普通』じゃない自分ができていくような気がします。

マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス
範乃 秋晴

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マリシャスクレーム―MALICIOUS CLAIM (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




マリシャスクレーム [ 範乃秋晴 ]
楽天ブックス
メディアワークス文庫 範乃秋晴 角川書店 KADOKAWABKSCPN_【ニコカド2016_3倍】


楽天市場 by マリシャスクレーム [ 範乃秋晴 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』から始まる作家さん

    Excerpt: ハーウィン・オラム  ぼくはおこった  http://50595192.at.webry.info/201103/article_10.html バージニア・リー・バートン(VIRGINIA L.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-03-16 16:45