ポイズンドーター・ホーリーマザー(湊かなえ)

『マイディアレスト』
6つの短編集のしょっぱなからこれは胸の底がすうっと冷えました。
確かに何度訊かれても蚤取りをしていたと答えるでしょうね。
肉親から受ける精神的な抑圧って他人からのものよりも根が深いように思っています。
あるべくしてあった結果と言えるような…
いや、あってはならないと思いますけどね。
『ベストフレンド』
話の運びがうまいと思いました。
でもちょっと引っかかったのが終盤の薫子の「妬む気持ちを前向きなパワーに昇華できないのは大概男性」というセリフはいらないような…
個人的な思いを蛇足しただけだと思ってしまったのだけど、改めて考えると、薫子の中にも人としてちょっとな部分があるのを表したかったのかな、とも思ったり。
『罪深き女』
あー自分の言動が誰かの人生を作ったと思い込んでる人って、その程度に関わらずいるような…
思い当たりそうで思い当たらないいや~な感じ。
ちなみに、この作品あたりからこの短編集の自分にとっての面白さが微妙な感じに…前二作はがつがつ読んだのですが。
『優しい人』
私もね、わりと「あなたなら拒否らないと思ったのに」的なことを言われちゃうタイプなので読んでて自分をやってるのがいやになってきてしまいました。
人と人との垣根自体は低いんだけど鉄条網が張られてるタイプだって世間的には認知されないものなんですかね…
『ポイズンドーター』
親の影響力って強いんですよ。
子供の性格にもよるところはありますが。
私も囚われまくったのでそこかしこに漂う抑圧感に胃が重くなりました。
『ホーリーマザー』
まさか湊かなえさんがこの手の親を正しいというような内容のお話を書くとは思わなかったので正直がっかりしました。
子供は親を理解して当然なんでしょうか?
言葉に出さない裏の部分までくみ取るのが子供の努めなんでしょうか?
親の抑圧を感じて生きてきた人間にとってこの話はすごくしんどかった。
うちの母親も外での評判はすこぶるよくて「いいお母さんね」って言われるたびに笑えなくて困ってた。
弓香ほどじゃないし怨むまではいかなかったけど、こんなふに話をまとめられちゃうとホントしんどい。
読後感の悪い作品は大好きですが、これは読むんじゃなかったと思いました。
そして、直木賞を受賞しなくてよかったと心底思いました。
この話に不快になる人が少しでも少なくて済んだと思いたいので。

ポイズンドーター・ホーリーマザー
光文社
湊 かなえ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポイズンドーター・ホーリーマザー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ポイズンドーター・ホーリーマザー [ 湊かなえ ]
楽天ブックス
湊かなえ 光文社【第155回直木賞関連】BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年


楽天市場 by ポイズンドーター・ホーリーマザー [ 湊かなえ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『み』から始まる作家さん

    Excerpt: 三秋縋  三日間の幸福  http://50595192.at.webry.info/201407/article_12.html 三浦しをん  ロマンス小説の七日間  http://505.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-01-23 13:02
  • 第155回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第155回直木賞候補作についての個人的ランキング Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-01-23 13:11