リテイク・シックスティーン(豊島ミホ)

予想外の内容だったけど、とても興味深く読み進めました。
やはり高校時代の記憶や思い出って良くも悪くも格別なんだよなぁ、と。
普通の高校生活が描かれている前半、恋愛色が濃くなる中盤、進路色が濃くなる後半。
過去に戻るきっかけは詳らかになっていないので、孝子が過去に戻りたかった簡単には理由は語られているものの、そのあたりの核心には触れられておらず…でも村山君のお父さんとの絡みのあたりでかなりヘビーな状況だったのかな、とは察せられ…
私が思うに、人生なんて何度やりなおしたって自分が自分である限り大きくはかわらないんじゃないかと思う。
環境や進路をかえられることはできても、似たようなことでつまずいて似たようなことで挫折しちゃうんじゃないかなあ、と思うのです。
そういう意味では、スキーでのアクシデントで何かを乗り越えたような孝子は違う未来をつかむことができるようなったような気がします。
それは、孝子の「あたしはこのあたしで生きる。逃げたこと含めて引き受ける」というセリフから強く感じました。
ぐいぐい引き込まれた割には淡々と物語を受け止めて読み進めていたせいで油断していたせいもあるのかもしれませんが、沙織のお父さんの「よかった、沙織は幸せ者だな」で大号泣してしまいました。
確かに沙織は勉強もできるし友達にも恵まれているかもしれないけど、なんていうか、幸せって普段は意識していないけど、意識していないときほど幸せなんだな、って思って。

リテイク・シックスティーン
幻冬舎
2013-10-09
豊島ミホ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リテイク・シックスティーン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




リテイク・シックスティーン [ 豊島ミホ ]
楽天ブックス
幻冬舎文庫 豊島ミホ 幻冬舎発行年月:2013年02月 ページ数:466p サイズ:文庫 ISBN:


楽天市場 by リテイク・シックスティーン [ 豊島ミホ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『と』から始まる作家さん

    Excerpt: 土井里香  おとなの楽習1数学のおさらい(現代用語の基礎知識/編)  http://50595192.at.webry.info/201603/article_4.html 藤堂志津子  熟れ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2016-07-18 14:41