チムさいごのこうかい(エドワード・アーディゾーニ/さく・なかがわちひろ/やく)

さいごの、とはどういう意味なのかな…と思いながらページを繰りました。
でも全くの最後というわけではなく、両親に心配をかけない航海が最後ということだったんですね。
どんなときでも冷静さを失わないこと、それが勇敢ということなんだな、とチムの行動から思いました。
ここまで10冊もチムの航海を見てきたのですが、毎回毎回1ページ目をめくるとあとはあっという間でした。
残すは別冊のみ。
もうつづきのお話がないと思うと寂しいですが、どうしてもまたチムに会いたくなったときには最初から読み直そうと思います。

チムさいごのこうかい―チムシリーズ〈10〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)
福音館書店
エドワード アーディゾーニ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チムさいごのこうかい―チムシリーズ〈10〉 (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『え』から始まる作家さん

    Excerpt: エウゲーニー・M・ラチョフ  てぶくろ―ウクライナ民話  http://50595192.at.webry.info/200703/article_83.html 江口欣照  ヤンバルクイナ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-12-14 12:44