あおい目のこねこ(エゴン・マチーセン/さく・せたていじ/やく)

なんか微妙…
おそらく目が青いというだけで差別され仲間はずれにされていると思われるあおい目のこねこの前向きな考えは好きです。
自分をなくさず、信じた道をいくところとかも。
ただ、自分をいいように使った上に犬を追い払ったことを信じもしないネコたちをネズミの国に案内する、素直や優しさを通り越した愚直ともいえる行動や、自分たちに利益をもたらしてくれたから仲間に入れるという利害の先に生まれた仲間意識にはちょっと疑問、いえ、不快さを感じてしまいました。
見た目が違うってだけで、こんなに尽くさないと仲間に入れてもらえないのか?
そもそも差別ってする側の意識の問題であることが多いのに(少なくともこの絵本では差別される側は言動ではなく見た目だけで仲間はずれにされている)なんで利益をもって仲間に入れて〝いただかなければ〟ならないのか…
あーモヤモヤする…

あおい目のこねこ (世界傑作童話シリーズ)
福音館書店
エゴン・マチーセン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あおい目のこねこ (世界傑作童話シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




あおい目のこねこ [ エゴン・マチーセン ]
楽天ブックス
福音館創作童話シリーズ エゴン・マチーセン 瀬田貞二 福音館書店BKSCPN_【福音館C】【4歳6歳


楽天市場 by あおい目のこねこ [ エゴン・マチーセン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『え』から始まる作家さん

    Excerpt: エウゲーニー・M・ラチョフ  てぶくろ―ウクライナ民話  http://50595192.at.webry.info/200703/article_83.html 江口欣照  ヤンバルクイナ.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-12-07 08:24