若冲(澤田瞳子)

歴史はもとより美術史にも疎いので、若冲について予備知識のかけらのないまま読了。
感想を書く段になって調べたところ、生涯妻は娶らなかったとか。
ということは、枡源とのしがらみや異母妹である志乃は存在しなかったのであろうか。
そう思うと、作者の想像力と創造力には深く感嘆します。
前述したように後手で若冲を調べたのですが、確かに若冲の作品には、これくらいの人生ドラマが隠されているような気持ちにさせられますね。
読み応えあり、面白かったです。
史実上明らかになっていること、分かってきたこと、謎などをうまく絡めた作品に仕上がっていると思います。
名を遺した人物を扱った小説を読むとたいてい思うのですが、史実だけを教わる歴史の授業はつまらないけど、そこから想像を膨らませて紡がれた物語ってなんて面白いんでしょうね。
それは単に、想像が故の面白さとはまた違っているような。
何故なら、史実の一つとして残された若冲の作品を見ると、違和感どころか実際にこんなドラマがあったのかも…と思わされてしまうのですから。

若冲
文藝春秋
澤田 瞳子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 若冲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




若冲 [ 澤田瞳子 ]
楽天ブックス
澤田瞳子 文藝春秋発行年月:2015年04月22日 予約締切日:2015年04月20日 ページ数:3


楽天市場 by 若冲 [ 澤田瞳子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』から始まる作家さん

    Excerpt: サイエンティフィック・アメリカン編集部  そうだ!科学の先生に聞いてみよう―大人がグッとつまる子どもの質問90  http://50595192.at.webry.info/201002/arti.. Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-11-01 10:32
  • 第153回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第153回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-12-27 10:28