自分の人生においてトップ10に入る小説をあげてけ・8・邂逅の森(熊谷達也)

『自分の人生においてトップ10に入る小説をあげてけ』8作品目は熊谷達也さんの『邂逅の森』です。

直木賞受賞作を遡って読んでいるときに出会いました。

主人公はマタギです。
私はこの作品でマタギに惚れました。(前回に引き続き惚れてばっかりだ・笑)

この作品は、熊谷達也さんのマタギ3部作の二つ目です。
一つ目は『相剋の森』で三つめは『氷結の森』です。
私が『邂逅の森』に出会った時はまだ三作目は出版されていませんでした。

マタギ…かっこいいです。
いや、違うな。
かっこいいじゃなくて…なんていうんだろう。
惚れずにはいられませんでした。

その後、マタギが出てくる小説や子供向け実録書なども読みました。

どの本のマタギも最高でした。

『邂逅の森』に出会ってしばらくしてから、もう数少なくなってしまったマタギの方をテレビ番組で拝見しました。

マタギはクマを倒します。
でもクマが憎いわけでもお金儲けがしたいわけでもなければ、ハンティングの魅力にとりつかれているわけでもありません。、

マタギはクマを愛しているのです。

『邂逅の森』を読んだ時、マタギがクマを愛する気持ちが私の中にすっと入ってきました。

それ以来、私はたまに「私の前世はマタギだから」とか言っちゃってます。
本気でそう思ってるわけではなく、そう思っていたいくらいマタギが好きなんです。
なので、私が「前世はマタギ」発言をしていたら生暖かい目で見守っていただけると助かります(笑)

邂逅の森 (文春文庫)
文藝春秋
熊谷 達也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 邂逅の森 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




邂逅の森 [ 熊谷達也 ]
楽天ブックス
文春文庫 熊谷達也 文藝春秋発行年月:2006年12月10日 予約締切日:2006年12月03日 ペ


楽天市場 by 邂逅の森 [ 熊谷達也 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エッセイと言う名の雑記

    Excerpt: ぼやきエッセイ始めました http://50595192.at.webry.info/201506/article_2.html 私の人生の楽しみ『大人絵本会』 http://50595192... Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-07-10 09:11