もうすぐ雨に(朽木祥/作・高橋和枝/絵)

雨が降る前のしっとりした空気と匂いが好きです。
日々の生活の中には、、誰でもすっぽり落ちることができるのに行きたいと思ってもいけない…そんな不思議な時間というかエアポケットのようなものがときどきあると思っているのですが、その不思議に触れた感じがしました。
これから先『ぼく』が再び動物の言葉を聞くことはないかもしれないけど、心の声を聞くことはできるようになったんじゃないかなあ、と感じたラストがとても好きです。

※この作品は光村図書・国語・三年生・上に掲載されている書下ろしの作品なので、教科書以外の形態での発刊は今に時点ではありません(2015/6/2)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『く』から始まる作家さん

    Excerpt: 草場一壽  いのちのまつり「ヌチヌグスージ」  http://50595192.at.webry.info/200808/article_21.html くすのきしげのり  おこだでませんよう.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-06-02 14:11