宇喜多の捨て嫁(木下昌輝)

宇喜多家に嫁いだ、若しくは宇喜多家から嫁いだ女が主人公の連作かと思ったら違いました。
宇喜多直家にまつわる短編集でした。
戦国の世はすべてがはかない。
何かに長けていることが不幸を呼ぶこともある。
はかなすぎる。
※以下ネタバレあり注意です。
『宇喜多の捨て嫁』
宇喜多直家の四女・於葉の物語。
『無想の抜刀術』
宇喜多直家の物語ですが、晩年の直家が八郎であったころの自身に語り掛けるという面白い手法がとられていました。
『貝あわせ』
宇喜多直家と妻・富の物語。
『ぐひんの鼻』
浦上宗景にとっての宇喜多直家という存在。
『松之丞の一太刀』
浦上松之丞と宇喜多直家の三女・小梅の物語。
『五逆の鼓』
この短編集の中では一番宇喜多直家との関わりは濃くなかったかも?
でもだからこその物語が描き出されていたと思いますし、物語全体によい深みと読後感、結末があったように思います。

宇喜多の捨て嫁
文藝春秋
木下 昌輝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇喜多の捨て嫁 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




宇喜多の捨て嫁 [ 木下昌輝 ]
楽天ブックス
木下昌輝 文藝春秋発行年月:2014年10月27日 予約締切日:2014年10月23日 ページ数:3


楽天市場 by 宇喜多の捨て嫁 [ 木下昌輝 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『き』から始まる作家さん

    Excerpt: きうちかつ  やさいのおなか  http://50595192.at.webry.info/200803/article_19.html 木内昇(きうちのぼり)  漂砂のうたう  http:.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-06-01 12:33
  • 第152回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第152回直木賞候補作についての個人的ランキング Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-06-01 15:22