夜の神話(たつみや章/作・かなり泰三/絵)

原発の危険性を取り扱った作品。1993年初版。私がこの作品を読みたいリストに入れたのは2010年ごろと思われますが…2011年の東日本大震災後に一部の人たちの間で話題になっていた記憶があります。
震災までは安全が謳われて多くの人が信じていた、若しくは信じようとしていた原発の安全性への疑問が明確に記された物語です。
日本の神様が登場し、日本と言う国も知ることができます。
素晴らしい作品です。
原発事故を目の当たりしたのちも、被曝した作業員の人たちの健康を危惧する声や記事は見かけても、そこからはここまで命と言うものは伝わってきていないと思いました。
原発に携わって生きている人それぞれに思いがあって人生があって…そんな当たり前で見落としがちなことが描かれているスイッチョさんの長台詞のシーンでは思わず涙が。
主人公のマサミチが、受験で知識をつめられていた子供から、自分の心で感じて自分の頭で考える子にかわっていくのも興味深かったです。
大人も子供も感じることができて読み応えもある!これぞ児童文学の神髄ですね。

夜の神話
講談社
たつみや 章

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜の神話 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【新品】【本】夜の神話 たつみや章/著 かなり泰三/絵
ドラマ楽天市場店
■ISBN:9784062065306★日時指定をお受けできない商品になります商品情報商品名夜の神話


楽天市場 by 【新品】【本】夜の神話 たつみや章/著 かなり泰三/絵 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『た』から始まる作家さん

    Excerpt: 大道あや  ねこのごんごん  http://50595192.at.webry.info/201103/article_9.html 大沸次郎  スイッチョねこ  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-05-08 07:41