三日間の幸福(三秋縋)

あんまり活字を読まない高2の息子が読んでたのを拝借。
思ってたより実の詰まったいい話だったと思います。
文体は軽いけど伏線とかしっかりしててついつい読ませられたという感じ。
粋がってても孤独を愛してても結局人は人がいないと生きられないというか、人は人を求めるものなんだというのが説教臭くなく描かれててすんなり読めました。
命とか生きることをテーマにすると説教臭くて鼻白んじゃう作品が多いのですが、気取りがなくてよかったです。
人によっては軽すぎるとか所詮そんなもんとかいう感想もありそうな作品ではありますが…
言い尽くされて表現つくされたテーマだけど、やっぱり幸福って…必要とする人必要とされる人ありきなのかなあ。

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)
アスキー・メディアワークス
2013-12-25
三秋縋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三日間の幸福 (メディアワークス文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




三日間の幸福 [ 三秋縋 ]
楽天ブックス
メディアワークス文庫 三秋縋 KADOKAWA発行年月:2013年12月 ページ数:290p サイズ


楽天市場 by 三日間の幸福 [ 三秋縋 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『み』から始まる作家さん

    Excerpt: 三秋縋  三日間の幸福  http://50595192.at.webry.info/201407/article_12.html 三浦しをん  ロマンス小説の七日間  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2014-07-19 23:29