教室はまちがうところだ(蒔田晋治/作・長谷川知子/絵)

http://50595192.at.webry.info/200905/article_28.html

↑初読みの時の感想。当時子供たちは小6と小3。
上の子の学年はおとなしめで下の子の学年はどちらかというとやんちゃな感じで、今思うと上の子の学年を主にした感想かな、と思います。
下の学年は押さえつけたないとバラバラになっちゃうせいか、どうも生徒たちを収める枠がきついように感じていたので(現行中学生なのでまだ感じてますが)私の感じ方も変わったのじゃないかと思います。

そして以下が5年の時を経た今日の感想です。

日本の教育方針の矛盾が描かれていると感じました。間違ってもいいから手をあげろ、意見を述べよ、という先生は手持ちの回答集に書かれた答えにだけまるをつけて採点してますよね。 感想文でさえ、先生好きする内容じゃないと褒めてもらえない教室で「間違えてもいいんだよ」って言われたって子供は戸惑うばかりかと。

教室はまちがうところだ
子どもの未来社
蒔田 晋治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 教室はまちがうところだ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』から始まる作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マーガ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2014-05-22 10:42